ニャッキ!

KNYACKI !
Tiny Worm In The Town

「ニャッキ ! 」とはかわいいイモムシ『ニャッキ』が主人公のNHK教育TVで放送中のクレイ・アニメ。カラー粘土で作ったキャラクター達を少しずつ動かしコマ撮りして作られた実写アニメーションである。

まあ僕はなんか昔から好き。

1話が5分の「1話完結」もしくは「オムニバス型式(5分間に複数話)」である。1作1作の製作時間がかかるので放送は基本的に今までのお話をランダム(?)で放送して何ヶ月かに一回の割合で新作が登場してくれるパターンである。
2003年4月12日現在で24話存在し、年末年始などに放送された「ニャッキ!スペシャル(メイキングなどを紹介した特別番)」も3つ作られている。
とりあえず第1話からスペシャルまで全てビデオに録画して保存してある。DVDは…。

■ニャッキ!製作をされているのは伊藤有壱さん。その世界では有名な方である。
音楽は竹内信次さん、ニャッキの声をあてておられるのは安原佐知子さん。
ニャッキの産みの親、伊藤有壱さんのアニメーション・スタジオサイト『I-TOON』はこちら

学生時代、初めてMacにさわった頃、初めて描いたCGがニャッキだった。

当時は頭の中に解像度の概念など無かったのでこのCGの実物はかなり巨大である。幅が1500ピクセル以上ある。

ちなみに当時販売されていたニャッキ人形達に付いていた札の絵柄をマネして描いた。

主な登場キャラクター
ニャッキ(KNYACKI)
いわずとしれた主人公。冒険大好き。お昼寝大好き。赤い木の実超好き。美人に弱い。元気な男の子のイモムシ。ピンクと大の仲良し。
ピンク(PINK)
ピンクの体にピン立ちの頭髪、おしゃれなリボンをしている女の子のイモムシ。いつもニャッキと仲良く遊んでいる。もうこれは立派な恋仲??
フルール(FLEUR)
つんとすましたライオンヘアーの女の子ケムシ。時々ニャッキが我を忘れて猛烈ラブアタックをかけるがいつも空振りしてニャッキは痛い目にあっている。
ワル(WARU)
突如登場したイジワルイモムシ。いつも大笑いをしながらニャッキ達にちょっかいを出してくる。でもなんかにくめないやつ。
他にも色々な登場キャラがいる。ニャッキと同じデザインで色違いのイモムシ、かたつむりやかぶとむしなどの虫。鳥や犬、カエルなどの動物。やかんの精や粘土の怪物。時々人間も登場する。

NHK教育TVで2003年4月現在、第3シリーズに突入している『カスミン』というアニメがあるのだが、この番組のキャラクター原案を伊藤有壱さんがされている。そのためか時々カスミンの話の中にニャッキがゲスト出演?することがある。とりあえずニャッキの出演した話の収録されているカスミンのDVDは買っているぞ。
えー、し、下の写真はTVの周辺をたまたま撮った写真で、
 
画面とかは偶然映っているだけですじょ?( ;´ー`)コ、コホン

僕のニャッキグッズコレクションの紹介ページはこちら