2017年3月23日(木)

★本日の散財…
・コミックス 椎名 高志 著『絶対可憐チルドレン』48巻
コミックス 椎名 高志 著『絶対可憐チルドレン』48巻




2017年3月11日(土)

★本日の散財…
・フィギュア ちびきゅんキャラ アイドルマスター
 生っすか!?コレクション vol.2『菊地 真』






2017年3月4日(土)
★本日の散財…
・鉄道模型 Nゲージ グリーンマックス『JR九州817系1000番台(鹿児島車)』

注文していた817系が届いた。
撮影対象としては気が向かないし、
アルミ缶アルミ缶ってさんざん揶揄されるし、
なんか不遇な車両だけど(w)、個人的にはデザイン好きなんだけどなぁ。

グリーンマックス『JR九州817系1000番台(鹿児島車)』

グリーンマックス『JR九州817系1000番台(鹿児島車)』

グリーンマックス『JR九州817系1000番台(鹿児島車)』

グリーンマックス『JR九州817系1000番台(鹿児島車)』

グリーンマックス『JR九州817系1000番台(鹿児島車)』

やる気がぜんぜんないけど子供の頃からたまに買っていたNゲージは押し入れに結構ある。
最近のは表にだしてあるよ。
一番古い所持品で30年〜35年前くらいのあたりがちらほら。
TOMIXキハ58とか先頭車両1両が800円しかしないTOMIX583系とかw
ED76とか売ってなかったのでせめて似ているので、ってTOMIXの初代EF71や初代EF81とかある。
子供の頃近所でさんざん見た急行型もあずき色475系はぜんぜんラインナップされず、
せめて似ている形というわけで積水金属(現/KATO)の165系を集めていたわw
ちなみにカタログは30数年前のから持っているよ。カタログは10年くらいで買うの止めたけど。










2017年3月4日(土)

▼ビフォア。ノーマルの屋根&リアデザインは実に単純であじけないデザインである。




▼アフター。(安い社外品多用してもこれだけ行ける)





書き忘れ。ナンバーを止めているネジもワインレッドのアルミ製w




2017年3月3日(金)
★本日の散財…
・1/8スケールフィギュア グッドスマイルカンパニー Phat!
 アイドルマスター シンデレラガールズ
 Blu-ray&DVDジャケットイラストシリーズ 第6弾『 菊地 真 』


さてジャケットイラストシリーズで千早の発売が決まってwktk 待ち遠しいわ(;´Д`)ハァハァ
とりあえずその前に5月30日に同シリーズ第10弾でりっちゃんがでるのでどうしようかと。


アイマスで好きなキャラの3本指は
1. 如月 千早
2. 秋月 律子
3. 菊地 真


アイドルマスターが2005年にアーケードゲーム(ゲーセンのゲームね)でデビュー
(初代の出演のアイドルは13人。全てはここから始まった)してから12年たった現在、
なんと約300人のアイドルが出てくるのだが、
初代から出演しているこの3人は俺の中で今でも不動のお気に入り3人。


…てかやっぱ13人で始まった初代が一番いいな。

第1弾の我那覇 響 のみコレクションしていたが、
現在9弾まで発売されいる歴代の中でも今回の真は出来がピカイチな気がする。


1/8スケールフィギュア グッドスマイルカンパニー Phat!
 アイドルマスター シンデレラガールズ 
 Blu-ray&DVDジャケットイラストシリーズ 第6弾『 菊地 真 』



1/8スケールフィギュア グッドスマイルカンパニー Phat!
 アイドルマスター シンデレラガールズ 
 Blu-ray&DVDジャケットイラストシリーズ 第6弾『 菊地 真 』

1/8スケールフィギュア グッドスマイルカンパニー Phat!
 アイドルマスター シンデレラガールズ 
 Blu-ray&DVDジャケットイラストシリーズ 第6弾『 菊地 真 』

1/8スケールフィギュア グッドスマイルカンパニー Phat!
 アイドルマスター シンデレラガールズ 
 Blu-ray&DVDジャケットイラストシリーズ 第6弾『 菊地 真 』




2017年3月2日(木)
★本日の散財…
・4輪自動車 三菱 DBA-GA4W 型『ASX ( 日本名 新型 RVR )』
 グレードG 4WD レッドメタリック


20年間24万km乗った愛車の白のN73W ЯVR スポーツギア X3だが、車検ではもう部品の在庫切れのものがどんどん出てきていて部品を個別に作ってもらうしかなくなっていた。一昨年の車検ではなんとか部品製作代を出して車検の乗りきったが、今回2月17日の車検で部品在庫切れ多数。そんな状態なので車検代の見積もりが60万円! 40万km乗るつもりだったけどさすがに心が折れた。大事にしてきたけど手放した。
さて、次の愛車候補探しとなったわけだが、今年始めに海外サイトを見ていたら三菱車のASX ( 日本名 RVR )がモデルチェンジする情報を画像と共に見つけた。7年前から販売されているRVRは顔が格好悪くて全然興味無かったが、今回の新型はかなり好みのデザイン。2月中旬に日本に入って来るのがほぼ確定した1月中旬、カタログはおろか、公式発表すらない状態でカタログで使われる予定のひな形データをみながら商談。ゴリ押しで満足行く値引きまで持って来れたので契約し1月下旬に発注。初期ロットラインに乗れた模様。日本中ではどうかわからんが少なくと九州内では一番早い契約客ではw 日本での公式発表は2月9日で発売は2月16日(案の定日本では『RVR』の名で発売)、今まで乗っていたЯVRの車検切れが2月17日。これはもう乗り換えろという天の与えた運命だろうとw

三菱 DBA-GA4W 型『ASX ( 日本名 新型 RVR )』


三菱 DBA-GA4W 型『ASX ( 日本名 新型 RVR )』

三菱 DBA-GA4W 型『ASX ( 日本名 新型 RVR )』

ちなみに買ったばかりの姿は以下の画像。比べてみてもらえばわかるが、バンパー等がのっぺりとしていてシンプルすぎるのでこれではつまらないと色々探してみた。何と言っても付けたいオプションはリアウインドウ上部に付く大型テールゲートスポイラー(ひさし)。ちまちまそろえ始めたのが海外仕様のリアのエンブレム類。買ったばかりのリアのエンブレム類は『RVR』 だけだもん。それから見つけたバンパー下部の黒い部分に装着する社外品の銀色プレート&モール飾りのセット。屋根にはこれまた社外品で銀色のルーフレール(1万6000円)を発見。一応純正オプションでルーフレールはあるんだが黒いし何より高い(6万円!)。

あとは純正品のリアバンパー上面の銀色プレート、HKSのマフラー。
純正アルミホイールはデザインは悪くはないんだけど扁平タイヤが嫌いな俺はこの純正の薄さでも嫌だという扁平タイヤ嫌い。大好きだった先代のЯVRにはかしていたブロンズカラーのアルミホイールにつけかえた。ホイールサイズが純正より1インチ小さいので結果タイヤが太くなって満足。てか予想以上にレッドメタリックの車体にマッチした。


先代にも貼っていたフェンダーの三菱モータースポーツのマークステッカー。これは自作で2枚作った。赤いボディに赤いスリーダイヤは目立たないので銀色にするのも考えたがスリーダイヤはやっぱ赤色だろうということで赤で製作。














海外仕様のエンブレムレイアウト。
(※アルミプレート製のRALLI ARTだけは追加で付けた)。