キヤ141系 総合検測気動車
▲新八代にて
九州新幹線部分開業時北端の駅だった頃の新八代にて。
新幹線と同一ホームに在来線が乗り入れる形態になっていた。
(島式ホームで対面する形態。階段を上る下りすることなく乗り換えが出来た。)
数分ほど遅れてきたキヤ141系と、回送のため走行中の800系が並んだ。