『指宿のたまて箱』は1日の平均乗車率が8割、土日祝日はほぼ満席ということもあり、なかなか席が取れないという盛況ぶりです。そのため『はやとの風』予備車であったキハ140-2066を『指宿のたまて箱』仕様にして3両編成体制にすることになりました。
▼『はやとの風』仕様の頃のキハ140-2066の姿。試運転中の隼人にて。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼『指宿のたまて箱』仕様となったキハ140-2066。展望窓が特徴ですね
▲指宿枕崎線 / 慈眼寺にて